ジュニア U-12

ジュニア U-12

クオーレ千葉 ジュニアU-12は日本サッカー協会登録チームとして活動し、
県内外への遠征や日本サッカー協会主催の大会に出場するチームです。

『個の育成』を重視し、観ていて楽しい、クリエイティブで相手の想像を超えるような
プレーをする
そんな魅力的なフットボーラーを本気で目指し取り組んでいます。

ジュニアU-12

サッカーの基本は楽しむこと 目先の結果にとらわれ、勝ちだけを目指したサッカーをするのではなく、将来的にもサッカーを楽しむ技術を身につけることがこの育成年代においては最も重要だと考えています。

どんなアイデアを持ち、どんなプレーが出来たのか、そんな楽しみ方をし、サッカーの魅力を感じながらプレーをする選手達は、やがて自分達の『武器』を身につけ、誰が見ても『楽しい』サッカーをしてくれるはずです。

そしてそれが将来への『財産』となります。

経験こそ財産

あの時の経験から目指すべきところが見つかる、なりたい自分が見つかる、その為に努力出来る。
FC クオーレ千葉 ジュニアでは選手達に様々な経験の場を提供します。

小学生年代の経験は将来彼ら彼女らにとって貴重な財産となるでしょう。

子供達は大きな可能性を秘めています。

大人がここまでと決めてしまってはそれ以上にはなりません。

サッカーを通じて広い世界を知り、自分の世界、可能性を拡げていく、私達はその為のサポートをしていく。そう考えています。

サッカーを通じて出会った仲間との日々の練習、試合、遠征や合宿、プロチームや高校生の試合観戦、全国大会出場をかける公式戦への参加、中学生カテゴリー大会への参加、他チームとの合同練習・合同合宿、遠足etc..全てが学校やご家庭では体験出来ない貴重な経験となる事でしょう。

私達は彼ら彼女らの未来の為に『子供達の夢を育て全力でサポートします』
ジュニアU-12の日々の活動詳細はクオーレ千葉 OFFCIAL FACEBOOKで御覧ください。

▽ FCクオーレ千葉 公式Facebookページはこちら ▽(別ウィンドウで開きます)
FC cuore千葉 U-12個人持ちユニフォーム
2021年度 ジュニア選手ジャージ・ハーフパンツ
U-12で大切にしていること

1.ボールを自由に扱える技術の大切さ

サッカーとは脳から一番遠い足でボールを扱うスポーツです。
その技術習得には長い年月を要し、失敗を何度も繰り返す中で身に付けていくものです。

​こうして身に付けた『自分だけの武器』は一生消えることのない大きな財産となります。

サッカーで必要になる個人戦術を学び相手と駆け引きできる選手の育成を目指しています。

2.サッカーだけでなく様々なスポーツを体験させてやることの大切さ

日本スポーツはサッカーならサッカー、野球なら野球とそれぞれの競技に特化して練習に励みます。
日本では最初にサッカーを選んでしまうとサッカーしかしなくなりがちです。
1つのスポーツを選ぶと他のスポーツに触れる機会は極端に減ってしまいます。
サッカーは上手いけど、ボールは投げられない、逆上がりもできない、そんな子どもが増えています。
年齢の幼い段階、いわばジュニアの頃から特定の競技に偏ってやらせる必要はないと考えます。17、8歳くらいまでは、2、3種の競技をさせるべきです。トップアスリートのインタビューをした文献には、トップアスリートのほとんどがジュニアの時に2、3種類のスポーツをやっていて、1種類だけの競技しかやっていない選手は一人もいなかったそうです。

“巧緻性”を育てることが重要

「”巧緻性”とは自分の身体を思ったように操れる能力、この能力は将来一流選手になるためには不可欠なものです。この巧緻性を養うことで、数ミリ単位での調整や微妙な動きの変化が出せるようになります。
サッカーだけをやっているチームと他のスポーツもやっているチームを比べたら、試合ではサッカーに慣れている方が勝つでしょう。
でも、将来的には他のスポーツをやっていた子たちの方が伸びる可能性が高い。目先の勝利から一流は生まれないのです」
サッカー一筋、野球一筋・・・・・・いいことのように思っていた人も多いと思いますが、巧緻性を養えるのはプレ・ゴールデンエイジとゴールデンエイジの期間だけ。
あとから取り戻せない”いまこの瞬間”、子どもたちが日々どう過ごすかで、その後の選手としての成長が決まってしまうのです。
少なくとも小学校入学前と低学年のうちはもっと色々なスポーツを経験して、来るべきゴールデンエイジに備えるのが正しい成長の姿だと考えています。ですので、他のスポーツの習い事と掛け持ちも大歓迎ですし、サッカーの練習時間内に沢山の他のスポーツ経験と様々な身体の動かし方にもチャレンジしてもらうので、身体が刺激を受けて、運動能力が自然と高まります。

タイトルとURLをコピーしました